只見ふるさとの雪まつり御礼

第46回只見ふるさとの雪まつりが終了いたしました!

大盛況のうちに終えることができましたことを関係者一同、厚く御礼申し上げます。

今年は「戊辰150周年」をテーマに掲げ、大雪像は鶴ヶ城、戊辰の歴史語り部、剣舞など戊辰にちなんだ催しものが盛り沢山となりました。

また、ステージではソプラニスタ岡本知高さんをはじめとした、様々なアーティストの方々の歌や踊りに感動させていただきました。

そして両日開催しました夜の「祈願花火大会」は、申し込みが108件を数え、過去最多の金額となりました!

お申込みいただいた方々の願いのこもった花火に、今年も胸を熱くさせていただきました。

冬は雪に閉ざされるこの町だけれど、こんなに熱い祭りがある!ということを誇りに、これから先も頑張ってまいります。

只見ふるさとの雪まつりにお越しいただいたすべての方、

来られなくても応援していただいた方々、

このお祭りの為に力を尽くして下さった只見町民の皆さまに

改めて感謝を申し上げます。ありがとうございました!

また来年、「只見ふるさとの雪まつり」でお会いしましょう!