伝統芸能のご紹介 その2

あまり、というかほぼ見る機会のない。そんなレアな「山村の伝統芸能」が只見の雪まつりではご覧いただけます!

ただ見るだけでもすごく感動しますが、ここではその背景なども掘り下げてお伝えいたします。バックグラウンドも知って、当日は伝統芸能をさらに深くお楽しみいただければ幸いです♪

本日は小林早乙女に次ぐ第2弾!

梁取太々神楽 (2/10 10:30~) 

梁取神楽は、鹿島神社(南会津 界)の20年ごとに行われるご遷宮の際に奉納される、由緒ある神楽です。小林早乙女と同じく、県の重要無形文化財の指定を受けております。


神事的な色合いが強いものですが、最後には「ひょっとこ」が出てきてみんなを笑顔にしてくれます。

なお、梁取地区には国の重要文化財である「成法寺観音堂」をはじめ、産品としては国際的な評価を受けている米焼酎「ねっか」の蒸留所や、南郷トマトなど多くの魅力がございます。ぜひ雪のない時期にもおいでください。

(参考 おもしろ只見学ガイドブック 改訂版/只見ふるさとの雪まつり2018カレンダー)